ピアノの先生 ひとことブログ

ピアノレパートリー~

2013-05-17

選曲って本当に迷います。新しい曲との出会いだし、曲と上手く最後まで付き合っていけるか不安だし、だけどちゃんと付き合いたいし、要求に丁度いいものでもありたいです。

小さなお子様(小学校低学年)だと、お母様のご意見、好みなどはとても大切です。こんな曲を弾けるようになってくれるのが夢でした・・・なんて、最も大事にしたいと思うからです。きっとありますから~だから、大切に育ててあげたいです。誰しも弾いている曲、とか弾けるはずの曲を。(バイエル、バスティンなどのピアノ入門~ブルグミュラー~簡単なソナチネ~子供のバッハなどの古典集~可愛らしい発表会用小品集、などなど・・・まだまだいっぱいありますけど)時間が足りないので、できるだけ意に添うように、といつも思います。

もう少し大人のお子様(小学校高学年、中学校)へは、自分の好きで弾きたい曲、をまずお勧めし、指を鍛えるハノン、練習曲のチェル二ー(100番、小さな手のための、他30番、40番、50番・・・などなど)、バッハインベンション(2声、3声、4声・・・)、シンフォニア、ソナチネ、ソナタ、変奏曲集、他、有名な作曲家たちの立派な小曲集です。きっと誰でも、それなりに立派に弾けますよ。一緒に触れてみませんか?自分で弾くと、その豊かな響きに感激し、納得ができます!

高校生以上になると、大きな練習曲、ショパンのエチュードやバラード、ポロネーズ、マズルカ・・・・試しにひいてみたい曲。すべてお勧めできます。さらに忙しくなるので、譜読みプラスちょこっと弾きこみ、で、ふぁ~ん・ぽろ~ん・・ととてもいい感じに響くはず。毎日が、明るく楽しい日々になりますように…と思っております。

でも、大切なのは、自分に合った目的を、そして目標を、達成すること、だと思います。くれぐれもそうですので、どうぞ御参考までに^^と考えております。長い人生^^ということで・・・・

なかなか目の前のことも大事ですので、ひとつの目安としてお考えくださいませ


人生の楽しみごと

2013-05-14

ピアノを弾くってどんなことでしょうか?気持ちを奮い立たせたり、悩みを和らげたり、慰めたり、・・・落ち着かせたり。楽しく生き生きしたり、もします。

ピアノを弾きすぎてか、少し疲れすぎたこともあったけど、また、ピアノを弾いてう~ンと元気になってくる…ということもあります。

いい人生を、ちょっとでも歩みたい・・・さて、ではまず、大好きなお料理をし、した方がよい掃除と、しなくてはならない家事育児をこなし、そして最後に世

界で一番大事にしたいと想うピアノを弾く^^聴く^^しゃべる・・・語り合う・・・・・・楽しさを、みなさんと一緒に共有したい


二人目の子育て~

2013-05-12

長女は中学一年になり、次女は5年生になりました。思えば、長女には、小4の時楽器店のコンクールをちょこっと受けさせ(ヤマハに通っていたので、その時やっていた曲)本当に小さく短い曲をキラッと弾いて、本選出場・・まえのばんに9度以上熱がありましたから・・・ただようやく出場、という形になってしまいました。あれから~すべてが転がるように運命が始まり・・・・次のコンクールは途中で上手くゆかず、大手の塾に通い始めました。はじめはいやいやでしたが、そのうち前向きに・・・そして受験。なんでも半分は親の言う通り、半分は子供のしたいように。という結果に落ち着きました。

次は二人目。ところがタイプが全く違うため、自分で言うことはしっかりできず、周りの言うことを聞いてもなかなかものにせず…というか、上手くものが成らず、周りがよいしょよいしょと運んでいます。でもどうしても頑張ってもらいたいと思うので、何でも試してみてわかってもらおう、と思っています。せめて、自立して行けるぐらいの内容の年になるまで。

それにしても、本当に子育てってむずかしい。

 


少しひんやりする日が続いています。

2013-05-08

ゴールデンウィークは、珍しく実家の母と家族で外食に行ってきました。スシローに行きましたが、とても混んでいて1時間以上待つので、駅近くの別のお寿司屋さんに行きました。上等なお寿司ばかりでした。

母と娘とで日比谷の図書館に行きたかったのですが、子供向けの本がなく(小、中)ぶらぶら散歩をして帰ってきました。気温も暖かで、キラキラまぶしいお日様の下、久しぶりに公園を満喫しました。久しぶりに日比谷公会堂の建物を眺めました。

今が一番素敵と思う気候^^なのですが、気温差が激しいので風邪をひかないように気を付けたいものです。

今日は、レッスンで新しい曲を選びました。モーツァルトのメヌエットです。(小1)自分で選びました。とっても可愛らしく、楽しく弾けると思います。バイエルもやっています。音符を書く練習も始めました。

レッスンで・・・大人の生徒さんと話していて~音楽について、いろいろな分野の知識が増えるように、少し本を読んでいきたいと思いました。

最近、小学生の生徒さんたちは、めきめき伸びてより大きな曲に挑戦してゆき、大人の生徒さんたちは、教養も経験も積極的に積むようになってきました。とても楽しい嬉しい気持ちです。

この調子で、地域のイベント参加も、できたらいいな^^と思っています。


コードネームを覚えれば・・

2013-05-05

先日、コードネームがいっぱい書いてある楽譜、キセキ、を一生懸命練習してきてくれる生徒さんがいました。そのとき、急いでコードネームをお教えしたのですが・・・そしてすぐに理解もして覚えてくださいました。ですが、コードを楽しんで、少しずつ学んでいく・・使えるようになっていく・・伴奏づけが楽しくできるようになっていくことも必要だな~と思いました。

最近コードについて薦められて買った本には、1.読譜が早くなる 2.和音の基礎知識が身につく 3.音楽的な耳を育て 4.伴奏づけやアレンジができるようになって、ピアノを長く楽しく続けられる・・・と書いてあります。実は、私自身、はじめてコードを習ったときは、驚きと発見の連続でした。最初は、ピアノが少し弾ければ、そしてコードを覚えれば、そのあと伴奏がすぐメロディーにつけられるということができます。私にコードを手ほどきして下さった先生は、本当に素敵な伴奏を付けられる唯一人の先生でした。

 


Copyright© 2012-2019 松田かおりピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com