ピアノの先生 ひとことブログ

映画を見てきました。すごく良かったです‼

2019-10-26

久しぶりに母と日本橋へ映画を見に行って来ました。

きらきらするきれいな映画館でした。

国際ピアノコンクールの舞台の話でした。

河合楽器も宣伝されていて…

ピティナでも宣伝されていて…行って観たいと思いました。

最初から引き込まれていって最後は感動的な終わり方でした。

もう一度観たい、と思う位でした。


練習と準備の日々を過ごして🎄 🔔 

2019-10-17

クリスマス会に向けて、いよいよしっかりと段取りをつけていこうと思っております。

当日は、場所の関係で前半と後半に分けました。ソロ演奏、連弾演奏、そして余興にハンドベル🔔などとても楽しみなプログラムになっています。

聴衆を間近に感じながら弾くということは、ホールとはまた違った緊張感があります。

でも楽しみの会なので、過程も楽しんで準備させて頂きます。

よく考えて、間に合うように準備したいと思っております。プログラムも作成します。

演奏が終わった後は、ハンドベル。そしてお茶☕や飲み物🍹、軽食などを頂きます。

楽しいクリスマス🎄が味わえたら嬉しいです。

大型台風の後でいつの間にか秋は過ぎ去り、少し寒さを感じるようになって参りました。

体調管理などしっかりしたいものです。

 

 


インヴェンション、シンフォニアの練習法のセミナーに参加して

2019-10-07

先日、ティアラこうとうにて、朝9時半~11時半までK先生のセミナーが、ずっと休憩なしで続けて行われました。

とにかく久しぶりに音楽講座を受講出来て、なんとも楽しかったです。

中央林間行きに乗り、1本で行けるのもとても助かりました。会場ホールは駅からたった4分です。

K先生は、一度越谷ミリオン楽器店で開催されたセミナーを受講したことがあり先生のピアノを弾くからだという本を買って持っています。DVD付きのものです。

中々みごたえがあります。

今回の講座でも先生が書き込んだ楽譜があ るようでした。

当日聞きに来られている先生方は、

丁度前後の年の先生方が多くいらっしゃていたようでした。

K先生は教え子への成功した例や、もう

一息だった時のたとえ話をされていて、その熱心な熱烈な思い入れに思わず聞きいってしまいました。

審査員、演奏賞などもたくさん受賞されていて、本当に溢れんばかりの演奏への考えや思い入れ、注意点、工夫点、練習方法などを

お話しされていた。

中でも、1と5の付け根当たりの筋肉をしっかり鍛えること。椅子の高さ(先生は低めがお好みとか‥)、手の構え、手首や肘の高さ、位置への的確なことを教えて下さった。

音楽の指使いは次のためにある、目的がある、など。

充実したセミナーでした。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

 


ドビュッシーを学んで。

2019-10-01

子供たちがまだ幼稚園だった頃。コンサートでソロをさらって人前で弾こうと思っていて、フランスものの大家のN先生のところにレッスンに行って来たことがありました。

玄関の広間でサロンコンサートを姉のバイオリンと一緒に行いました。来て下さったお客様は、街の古くからお世話になっている婦人会の父兄の方々ばかり。

バイオリンとピアノの室内楽も用意し前夜には、手作りのケーキもたくさ~ん用意しました。ドキドキした楽しい思い出です。お店に並んでも美味しそうなものが作りたい‼と思っていて随分凝っていました。ケーキのリハーサルまでしていました。

今、その曲はコンクールの後の受賞者コンサートで聞いたり、教室の生徒さんがレッスンで弾いたりして良く分かるようになってきて馴染むようになってきました。

ふとネットで調べてみると、N先生のレッスンの時にも教えて頂きましたが。曲の背景について書かれているものがたくさんありました。どんな詩か。どんな内容か。

調べると詳しくなりますが、実際の演奏で曲の細部に渡って それらを音にすることを習ったり、学んだり、練習したりして行く過程を楽しまなくは、と思います。

ある時、聞いたら忘れられないちょっと気に入ってしまった曲なので大事にしました。

その他、一度はやってみたかった曲☺を大切に弾けるようにタンスにしまっておこうと思います。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村


ご褒美シール

2019-09-27

その曲を何回練習出来たのかご褒美シールを貼って、という工夫をよく行っています。色々あるので試しているのですが。

まず、一番効果あったのは、その子の好きなキャラクターのシールでした。

ポケモン、キティーちゃん、戦闘者アニメなど、そのお子さんの年齢相応のものがいいです。

また,ちょっとしたコミュニケーション、例えば

レッスンの曲の説明など、教師が使う表現も年齢相応だと助かります‥と。

出来るだけ年相応であるとやさしいはずですから...

わかりやすい言葉を使いたいと思います。

 

そしてその後、本日のレッスンでは、たくさ~ん何回も弾こうっと決めて来て下さいました。

とても大事なことです。

弾けるようになるとは、うんと時間をかけて、集中力と共に上手に繰り返せるようになることですから。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村


Copyright© 2012-2019 松田かおりピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com