7月, 2014年

夏休みアンサンブル体験会に参加しました

2014-07-28

今日はミリオン楽器南越谷店で行われた「夏休みアンサンブル体験会」に参加しました。生徒さん[小2と小3]を連れて行きました。

ピアノドュオで、曲はポニーテール(ラーニングトゥプレイ)

始めたのは、1~2か月前で、合わせは3,4回くらいの準備でした。

急に決めたので、なかなかドキドキした本番でした。

DSC00835_R

 

でも、短い間に集中して曲を弾けるように理解出来、本番体験をするということはかけがえのないことではないでしょうか。

他の先生の生徒さんたちの演奏も面白く、なかなか目を見張るものがたくさんありました。

個性もあり、真摯なものもあり、ピアノトリオは室内楽の音の豊かさに、はっとさせられるものがありました。

いつか、参加したい(生徒さん)方がいらっしゃれば…と思います。

 

体験会では、まずは発表会のように弾き、順番にH先生にレッスンしていただき、レッスンの最後にはなおしながら通して~という流れでした。

最初は、びっくりするほど音が出てなく、どうなるかな~と思いましたら~最後は本当によく4手のバランスやら、フレーズの強弱やら

お互いの聴きあいポイントなどが、分かったので、よく流れた良い演奏になりました。

 

このような機会をたくさん利用して、上手くなっていかれるのが一番だと、私は思います。

アンサンブルって素敵!!是非、室内楽ステップなども利用してみれればと思います。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

 


ピアノへの挑戦!  姿勢を正してみる。

2014-07-24

ピアノコンクールのシーズン、真っ只中。

今年は、受けてはいないけれど…教室のみんなは、一生懸命課題曲のいくつかを練習して、予選を聞きに行ったりしました。

今度こそ、弾けそうな子たちがスムーズに挑戦できるような教室にしたい・・・と思っています。  継続は力なり。

いいレッスンを受けて、

いい練習ができますよう。                              

練習時間も何時間、何分練習をやったか、測ることも大切です。

人 は練習時間じゃなく中身よ!っといいますが、時間が少ないのでは、やはり間に合いません。

一日、3時間。  30分×6回  ですね。   弾く子は、4時間でも5時間でも弾きます。

 

コンクールというものを理解するために、受けることに意義もあります。   何もしないより、まし。

 

この厳しい社会の中で、一つのことをやり遂げるということ、目標を目指して日々努力されること。

役に立ちます。

いい人生へ、変わっていくこともできるのです。

 

何事も、挑戦しようかしまいか、と迷ったらやってみましょう!

目標へ上手に邁進できる人へ変身する方が多いんですって♡  勉強もすっごく出来て(一流の)目標の学校に入られる方、多いんですって♡

 

ほんの6か月、頑張る子と頑張らない子との差。

 

どちらを選ぶかは、あなた次第。  今やコンクールは、レッスンイベント??

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


ちょっとお楽しみ♡

2014-07-23

今日(昨日)は久しぶりに、次女とお昼頃北千住に行ってきました。  久しぶりに、お茶を飲みました。

小さなお子さんとお母さんがいっぱいいる喫茶店でした。

小物を置いてあるなかなか可愛い雰囲気の場所です。 タルト(大きめのピース)がとても人気のようです。

娘に9月の発表会に着れそうな可愛い半そでのワンピースを買いました。

 

午前中、夕方、午後・・・とレッスンがありました。少しよく勉強しなくては!!

暑く、エアコンが効いている室内が心地よい一日でした。夏休みでまとまった時間があるので、プール、読書、外出、ピアノのおけいこ・・

何でも時間のかかること、、いろいろチャレンジしたいなぁと家族で話し合っています。DSC00824_R                  DSC00828_R

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

 


大人のピアノコース、頑張っています。

2014-07-21

DSC00822_R大人になって、急に時間や生活にゆとりが出来てピアノをやろうと思った方が今、とても楽しそうにピアノを響かせてくださいます!

本当にやりたいと思ったとき…その時が一番、はじめるのにふさわしい時、ですよね。

このところ、何かを始めるのに、遅すぎることはない!という思いを色々なことに抱くようになり~子供の習い事や勉強のお付き合いに~

いろいろ挑戦するようになってきました。

人に向かって、「もう遅い!!」と叱咤激励では・・残りの人生が可愛そうです。

そうすると、自然に周りの方も「まだ若いわ…がんばって!!」っと応援してくださいます。それこそ、すべてのパワーの源 ♪~♪~

日々、ほんのちょっと声をかけてもらっても、わくわくします。

 

「私、この曲をやったことあるわ。〇〇が、弾きにくいのよねぇ」「そうそう、結構はやいテンポで弾けなかったわ」とか。

「いつかやってみたいですね、この曲。・・」 「あぁ、まぁ!この曲、ピアノで弾きがいがありますよ」やる気の上がる会話、です。

 

日常、子供に向かっては、この間□〇はもうトライは遅いって言ったけど~ごめんね。 何でも挑戦してみようよ!!と声をいつもかけなおしてしまいます。

たとえすぐに結果が出てうまくいかなくても、頑張ることを習慣づけられるような気がします。

 

世間が見えている、人となりは~~が正しいでしょう!!なんて、大人は1を聞いて10わかってしまう方が多いのも事実ですし。

本当に、楽しそうに上達されます。    楽しむコツもよくわきまえて~大人のコンサートを続投したいと思います。

 

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

 

 


ピアノ曲、アナリーゼを勉強してきました♪

2014-07-15

昨日は、ひと月に一回の アナリーゼセミナー に行ってきました。N先生とおっしゃって、とてもお若いのに秀才、という感じがいたします。

 

アナリーゼとは・・・・曲を分析してみること。 楽曲がどう組み立てられているか知ることです。

 

授業では、バッハのインベンション 7番のプレリゥードとフーガ

現代フランスピアノ曲 カイエ  ドゥルモワンヌ より           です。

 

いつも、授業の中身濃さに、はっといたします。母が作曲科卒なので、曲について同じような言いまわしをよく耳にするのですが・・・

 

さすが現場(コンクールの審査員)の先生だけに、とても説得力のあるいい言葉の表現を使われていて、いきいきとした楽曲の解釈を得ていく

 

事ができているような気がいたしました。曲によって、様々ですが・・書かれた音符を読む楽譜として・・・

 

言葉による表現は、もっともっと生かしていきたいと思いました。

 

そもそも日常、 アナリーゼ をするという習慣づけを、もっとしっかり持たせてレッスンをしなくてはいけません☆

 

小さな曲、お子様用の楽譜、でも表題に沿って上手い解釈ってあるものです!!

 

このユニークさ!!と感動できると~きっと弾きやすい。  曲が何倍も光って輝いている!   そんな刺激に出会える授業でした。

 

9月も楽しみにしたいと思います。

 

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


« Older Entries
Copyright© 2012-2018 松田かおりピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com