当日の服装を用意して

2018-05-17

先日、何人かの生徒さんに、楽しい質問を頂きました。  「どんな服で弾くんですか?」

発表会の準備といえば、当日来ていくものとか、本番のドレス。

出演者である場合。当日に着る物って… ♪ 何か特別に思うかもしれないけれど、普段より少しだけ

きちっとした服装でリハーサルなどをこなし。…(スニーカーやジーンズはあまりふさわしくない。)

そして、大雨が降っているときは長靴を履きたいが、長靴もパンプスなどに履き替えると気が利いている。

舞台の長靴はNGです。気を付けよう。

 

併せて、これから夏本番だが。

ごく暑い時の本番は、会場もクーラーがガンガン効いている。

何しろ本番がある子供たちは、寒いと返って汗で風が冷たくなり、かじかんでしまいます。

必ず、微調整をお願いします。

 

ハイテンションになりがちな保護者様は普段と変わらない感じで付き添われてくださいませ。

 

本日、舞台に並べるお花の注文と、ホールへ立ち寄ってきました。

当日は、スタインウェイの腕利きの調律師さんが調律してくださいます。楽しみです。

 

後は、どれくらいピアノが鳴るかなぁ…

どんな感じにピアノの音が響くかな…

 

と思います。個人差…その日の調子…練習の成果⁉

 

しっかりと受け止め、何とかそれぞれが上手に弾けたら…と思います。

 

応援クリック応援します。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 松田かおりピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com