自力でピアノ演奏できるようになろう!   ♪松田かおりピアノ教室 

2014-10-04

自分で譜読みが出来る!!

こんな地味で、さっぱり失敗してしまうピアノを弾くことの基礎を~見直すきっかけになったのは、ここのPTNA支部のSK に参加させていただいたお蔭

様です。 下手でもいい、とにかく自分で譜読みができること・・・つまり音符が読め、鍵盤でどこか分かるっということ。音符の長さや、フレーズが読み取れ

歌え、弾けるということ。   ♪   ♪   ♪   ♪         ♪  ♪    ♪  ♪   ♪         

ポケモンカード、フラッシュカード、音符読みドリル、も使っています。

DSC00961_RDSC00962_R

ドイツ音名ができるようになる!

まずは、ドレミファソラシド、が言え、次は、ハニホへトイロハ、そして、C(ツェー)D(デー)E(エー)F(エフ)G(ゲー)A(アー)H(ハー)・・を言えて、音が

どのように並んでいても音名ができること。以外に、慣れるまで訓練が必要ですね。

音階、カデンツァが弾ける!

まずは、ドレミファソファミレド。右手、左手。レミウァソラソファミレ。ミファソラシラソファミ。ファソラシドシラソファ。ソラシ・・・ラシ・・シ・・・

5指が出来たら、次は音階。一オクターブ。そして…カデンツァ D7(れふぁらど)C(みそど)G7(れふぁそし)C(みそど))・・・ハ長調の場合

全調にトライなので、じっくり着実な指導をしっかりして大切に育てなくては!!と思います。

楽譜の楽用語は全部覚える!

LegatoやAndante   dolce   leggiero   comodo 出てきた楽語や文字、記号はすべて理解し、覚える。

手の形は大まかに気を付ける!

まだ、体がどんどん成長して大きくなるので無理強いせずに、できる範囲で手の形に気を付ける。

 

以上な要点をSKレッスン(PTNA支部)参加で指導して頂き、とても大事なことを教われました。

忍耐強く、頑張っていきたいと思います。
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村
 


コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 松田かおりピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com