ピアノの先生 ひとことブログ

ピアノ伴奏の本番 ♪

2014-12-04

一昨日前、伴奏の本番がありました。

本番が終わると、真っ先に1,2日休憩を取るようにしています。

 

伴奏とは、川越キャンパスで行われた東邦音楽大学主催の日本管弦打楽器ソロ・コンテスト出演者のものでした。

楽器は、チューバ♪

この楽器について少しご紹介したいと思います。なかなか出会わない楽器ですよね♪

チューバは、大型の低音金管楽器です。金管楽器の中では最も大きく、最も低い音域を担います。

(バイオリンの伴奏ばかりしてきた私には、その音域に結構戸惑いました。)

実音記譜

Range tuba.png

基本構造は、他の金管楽器と同様でフレンチ・ホルン以上の全長を持つ管は長円状に幾つにも巻かれ大型の朝顔は上部に開く。マウスパイプは楽器

の中程の高さにある。   (言葉にしてみると、すごくはっきり楽器が見えてくる。)

チューバはもともとラテン語で管、という意味。

会場は、初めて行ったのですが、当日使わせて頂いたリハーサル室が、大学の学籍の隣近くの同級生ピアノ講師の先生の部屋で

(札がかかっていた)驚きました。 思わず、想像をしてしまいました。

 

帰りは、行きと違う駅で帰りました。駅では、クリスマスを彩る素敵なお菓子がいっぱい売られていました。

ですが、もうすぐ試験が始まりますので(娘)、まっすぐ帰ることにしました。

 

夜8時、そっと、演奏者に電話したら、予選通過、だったそうです。

おめでとうございます。

 

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

 


ピアノステップに行ってきました ♪

2014-11-28

ステップへ、行ってきました。

受付をさせていただき、忙しくも充実した一日を送りました。

朝、9時から夜9時まで、本当にいろいろな方が演奏に出演されます。 受付にいても、緊張が伝わってきて、ぴ~んと張りつめた呼吸に、

若かりし頃の自分などを思い出します。

ステップを知るようになってからは、もう数回会場にいますが、その心地よい発表の場、コメントを頂ける運の良さのようなもの、

まずは、出演をしてみることをお勧めするようになりました。

ただの発表会の数倍の値打ちがあります!!

 

そもそも、もっと簡単に、もっと身近に出ていただけるには。。。を考えなくては、、、

発表会のみの演奏ですと、楽しいですが世間における演奏評価が出ませんし、普段のレッスンが充実したものかどうか、知りたいと思うのです。

むしろ、研究した方がよいと思うのです。 選曲について、あるいは響きについて、あるいはテンポの設定について。。。

 

難しくではなく、できるだけ身近にできることから、得意分野を生かして、など工夫しながらやっていきたいと思います。

 

当日は、きらきらした素敵なドレスやぴかぴかの洋服に身を包んだキラッと光るピアニストたちが、本当にまばゆく見えました。

 

普段は、勉強も部活も、他のおけいこ事も、一生懸命頑張っているんだな^^とつくづく思います。

 

一日ロビーの中にいて、保護者様方のお忙しい日常の中で身をこまねいてお子様方に尽くされている姿に心打たれておりました。

 

本当にお疲れ様です。  素敵な一日をありがとうございました。

 

このお教室では、当日の最後にEさんが演奏されまして、見事な演奏を聴かせていただけました。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

 


バスティンセミナ パーティD を勉強してきました ♪

2014-11-25

この間、バスティンのパーティ最後のDのセミナーがありました。

 

そしてその帰りに、同じ先生によるバスティン講座に申し込んできました。

 

有意義な、内容の濃いパーティDのセミナーを聞き、生徒さんに指導して全調を制覇したいと思いました。きっとすごく素敵なことだと思います。

 

今年の一年目標、自分で譜読みができる、弾ける。    それにはさらに、教材研究をしていき充実を図りたい、と思っています。

DSC00996_RDSC00997_R
応援クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

 

 


クリスマスコンサート準備開始 ♪ ♪ ♪ 

2014-11-07

もう今年も11月になりましたので、毎年行うクリスマスパーティー&コンサートの準備を始めています。

まずは、9月の発表会に出れなかった生徒さんたちに出演をお願いし、他の生徒さんたちには、来年のホールでの発表会に出演をお願い致しました。

 

人前で弾くのが初めての生徒さんには、舞台での振る舞いも丁寧にかつ的確にお教えしたいと思います。

弾きたい曲を2,3曲選曲し、よく弾きこんで暗譜もしっかり指導し、達成できるように一緒に頑張りたいです。043465s_R

 

前回の発表会では、連弾を一生懸命練習したので、今年のPTNAの入賞者DVDを買って・・・いろいろとアンサンブルの勉強をしてみることにしました。

e-ラーニングでも視聴しています。

 

最近気付いたのですが、沢山の先生方が大事にされている(同じ目標)ところは、本当に大事にしなくては!!と思います。

例えば、ピアノを美しい音で歌わせて弾けるようになること、一生音楽を楽しむことができるようになること…などなどです。

 

お教室での正しいレッスンの受け方、弾き方、家での練習の仕方にはそれぞれ答えがあり、そして自然にそうなっていかれるような

様々なヒントになるようなことを、これからも勉強し、レッスンへ役立たせていけたらと思います。

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

 

 

 


E ラーニングに挑戦

2014-10-31

E-ラーニングを通して、セミナーに参加してみました。

いつもとても行きたかった浜離宮でのセミナーの数々、本当にインターネットで拝聴出来て嬉しいです。

最近読んでいるT先生の講座も入っていて・・・本もとても素晴らしいけれど、生き生きとしたトークはもっと迫力があっていい!

私の場合、読むよりスピードのあるトークが同じことでもとてもフレッシュで素敵な印象となって伝わってきました。

コンクールについてでしたが、経験豊富の先生のお話が耳に浸み込んできます。

次の先生は導入期のアナリーゼについての講座でした。工夫の中には~

なるほど!!教えることとは、ピアノを弾くだけでなく、何でもレッスン時間を利用して勉強していっていい。。。楽曲を分析、アナリーゼ。。

この先生は、楽譜を書き写すことを薦めています。確かに、写譜を試したことはありましたが、常に、細かに活用したことは、ありません。

きっとこれをすると譜に目覚めることがあると思います。

次の講座は、ピアノの先生方へのメッセージでした。これは、goood!

自分たちが、よく活動できるような提案です。先生方を奮い立たせ、より教室を繁栄させ、

地域に尽くし役立たせるものとして頑張りましょう、というものでした。

今日きいた最後の先生のお話は、実際実践してみたいと思うものでした。

読譜力をしっかり身に付ける・・・難しい曲になったら、いつしかピアノが弾けなくなる・・・にならないように。

単純でしかも当たり前のようなことも、工夫と熱意と、根気が入ります。

手もとを見ず楽譜だけで弾けるようになるには・・・下積みが必要ですよね!!

教えるということは、習っていなかった(音大では)・・・先生のそのお言葉を私自身の初心に返し、また勉強を続けていきたいと思います。

 

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


Copyright© 2012-2019 松田かおりピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com