ピアノの椅子の調整

2019-05-08

最近の指導者の先生方は、ピアノの椅子の高さと足台についてとても神経を使います。

椅子の高さは…

鍵盤に手を置いた時に手首から肘までが大体水平であること

足が床についていることをきめましょう。

この2つのことを満たしていれば大丈夫です。

舞台上では、最高3回までなおしても良い、とレッスンで教えて頂きましたが出来るだけめやすなどをしっかり持ち準備して一度できめましょう…

椅子の高さや姿勢を良くするだけで、小一時間さらったのと同じ効果があるとも聞きました。

足はラクにし、かかとからつま先まで足裏が床につくようにしておきましょう。

足の位置は、肩幅に開くと良いでしょう。ペダル使用の際は、右足を前に左足を少し手前に引く位がよい位置です。

少しはなしがそれてしまいましたが、基礎をしっかりさせると伸びて行きます。

そして…将来がとても楽しみです。

ピアノの前に座る時は何時でも思い出して確かめさせて下さいね!♪

見た目で点数がつくことはまずありえない、と言われますが、良い舞台マナーや振る舞いは人の心に残ります。

いい演奏も一生人の心に残りますので皆さん頑張っていい演奏をお願いいたします。


コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2019 松田かおりピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com