ピアノ発表会が終わって・・・☆ ☆ ☆

2015-10-13

とてもかわいい贈り物を頂いたのでピアノのお部屋に飾っておきます。DSC_0131_R

今月は、幼稚園、保育園は秋の遠足。。運動会。。小学校は、やはり校外学習や遠足。。。

そして中学校は運動会や校外学習。。。

風邪も流行ってきて、少し体調管理をしていきたい、皆様もお風邪をひかないように、

と思っています。

発表会も終わったので、次は何を楽しみに何を目標にしていこうかな~というところだと

思います。

ステップに出演される方、ステップの次回を狙って聴きに行かれる方、コンクールを受けた

夢をお持ちの方。。。。

クリスマス前なのでクリスマスをお祝いする曲をご用意される方、 本番も必要かも♡

ジャンル様々に、長年弾いてみたかった曲にチャレンジされるのも楽しみの一つですね!

 

発表会は、来年の秋、また、ホールでと思っています。

スタインウェイはいかがでしたでしょうか? 少し楽器について説明を付けておきますね♪

 

スタインウェイの正式名は、スタインウェイ・アンド・サンズ。1853年にアメリカ合衆国ニューヨークで設立された

ピアノ製造会社です。べヒシュタイン、べーゼンドルファーと並んで、

世界のピアノメーカー御三家の一つに数えられています。

ベーゼンドルファー・・・・ヨーロッパの名門で、チェンバロの発展形として

音響的に残響豊かな宮廷で使用するためのピアノを造っていた。お城のピアノもものすごい装飾をほどこしたものが多い。

胴の部分にも響板と同じスプルース材(マツ科の木材)を用い、響きやすくした。

スタインウェイ・・・・・・・・産業革命により豊かになったアメリカ市民が利用しており、数千人が

入る音響的に貧弱な多目的ホールでの使用を念頭に置いて造っている。その構造は、厚く強固な胴でしっかりとし響板から

の圧を支える構造を持っている。胴からの反射音も多彩な響きに貢献しているといわれている。

べヒシュタイン・・・・・・・・主に響版の響きを最も重視したもの。

 

世界のホールステージのみならず、ピアノ倉庫や、本場の工場、展示会そして大学や

自分の師匠の家でこれらのピアノで演奏したことが多々ありますが、

本当に輝ける、一流品に触れている感触をいつもいつも感じております。

 

スタインウェイ、私にとって・・・・それは、人生の夢、の一つです。

 

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 


コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 松田かおりピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com