ピアノテクニックを磨こう!

2014-04-24

最近、教室ではバーナムピアノテクニックや子供のハノンを始めました。 ピンクの第1巻

からでは難しいと思われることもあるのですが…紫の導入からだと結構1巻もすんなり進むこ

とができます。 時々、ミュージックデーターであわせたりもしています。    ハノン

も、とりあえず、1番から。   後行き、スケールとアルペジオ(全調)にトライしていた

だけたらうれしいな~みんなできたら…と思っています。

 

チェル二ーも、ほんの少しずつ・・こなしていっています。

チェル二ーの本にこんなことが書いてありました。「耳の感覚、自分の音をどう聴いている

のか、右手と左手のバランス、アルペジオ、連打などのテクニックは、やはりエチュードを

使ってしっかり訓練していないと身に着けるのが難しいものです。ベートーベンのソナタを

いくらきれいに弾こうとしても壁にぶつかってしまうでしょう」と。  そして、「……チ

ェルニーはとてもありがたい存在ですね。譜読みの負担が少なく、自分では気が

付かないうちに、曲を弾いているだけで偏りのないテクニックが身につきます。」っと。

 

こんな私にも、エチュードでとても練習がきつく感じられ、四苦八苦していたことがありま

す。そんな時、「一回つっかえないでここからここまで弾けたら、好きなお人形さんを一

つ書いてあとで見せてね。」と母が言いました。当時、おにんぎょうさん書きに密かにこ

っていましたので、とっても楽しくてしょうがありませんでした。  結果、そのエチ

ュード演奏の本番は、楽しく大成功でした!

 

いろんな理由で大変、きつい、と努力を怠りがちですが、色々な理由を作って、乗り切る

ことが上手くいく!ようになれれば、と思います。

043465s_Rみんなと一緒に頑張っていきたいと思います♪

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

にほんブログ村


コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 松田かおりピアノ教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com